モフなぺ水槽部

淡水魚の釣り風景やその飼育、繁殖などなど!イモリもいます!

ホチキスの芯が便利な釣具に!【ハリス止め編】

スポンサーリンク

 

どうも。

モフ君です。

 

はーい。

今回はタナゴ釣りの準備で一番大事な仕掛けの作り方について

ちょっとだけ触れていこうと思います。

 

 

 

釣具の全体図はこう

 

まずまず

釣具の全体像ですが

 

釣具の全体図

こんな感じです。

 

竿に糸をつけたベースのものに

お好みのウキ、オモリ、釣り針をつけていきます。

 

ベースの竿と糸、これに釣り針を付けるわけですが

接続するための専用の釣具があります。

そこを今回は掘り下げていきます。

 

スポンサーリンク
 

 

まず釣り針です。

f:id:napeco:20180911225709j:image

糸が細くて写真では見えづらいかもしれませんが、

釣り針にはあらかじめ釣り糸が結ばれている市販品が売られています。

こちらを使っていきます。

この釣り針は単に自分が気に入って良く使っているものです(^^)

 

竿の糸と釣り針の糸をつなげる ハリス止め

 

さて、ベースの糸と釣り針の糸とを

結ばなければなりません。

 

その時に固結びでは

糸は一般的にテグスなので引っ張ると滑って

簡単に解けてしまいます。

 

なので 「ハリス止め」という釣具を使います。

ハリス止め

このハリス止めは

片方は糸を通して引っ張るだけで引っかかり簡単ですが、

もう片方、丸くなってる方は糸を結ばなくてはいけません!

ここがめんどくさいです。

 

なので両方引っ張るだけで取り付けられたら

楽ですよね?と考えた人がいました。

今では商品化もされてメジャーになりつつあります。

 

 

今回はこのWハンガーという形のハリス止めを

f:id:napeco:20180827210113j:image

ホチキスの芯で自作します!

 

ホチキスの針で作るハリス止めの作り方

 

それでは写真を使って作り方をご紹介します。

まず

f:id:napeco:20180827210117j:image

1芯に分離します。

 

最初は手で折り曲げます

f:id:napeco:20180909113619j:image

 

少し空いた隙間をラジオペンチなどできっちり折り曲げます。

f:id:napeco:20180909113750j:imagef:id:napeco:20180909113759j:image

 

片方ができたらもう片方。

こちらは先ほどとは逆側に折り曲げます。

f:id:napeco:20180909113845j:image

こうですね!

 

このままでも使うことができますが、

ただでさえ透明で細い糸ですので通すのが難しいです。

返しをつけえ扱いやすくしましょう。

f:id:napeco:20180909123133j:imagef:id:napeco:20180909123333j:image

赤い部分を返しにしたいので

 

ぺンチで押さえつつ2ミリほどハミ出させて

f:id:napeco:20180909123234j:imagef:id:napeco:20180909123244j:image

カッターなどで持ち上げましょう。

 

逆側も同じように返して

ホチキスの芯で作ったハリス止め

完成になります!

 

細かい作業なので写真を撮るのが難しかった…

わかりにくかったらすみません。

 

ホチキスの芯でも耐久度は高く、タナゴなどの小物なら全然余裕ですね。

10cm級のフナでも対応できます(笑)

 

一応刃物を扱うので十分に注意してください。

 

スポンサーリンク
 

 

市販のハリス止めも高価なものではありませんが、

頻繁に仕掛けを壊してしまう自分のような人にはちりも積もって節約になりますね。

 

はい!

面倒な下準備も簡単になっちゃう

自作便利グッズの紹介でした!

 

それではまた!